人探しでは失踪者の気持ちや状況を考えることが大切
ロゴ

secret investigation.com

まずは失踪の原因を考えよう!人探しの方法

24時間経過したら要注意

人探しはできるだけ早く行うことが鍵となります。行方不明になってから24時間経過してしまうと、自殺している、既に何らかの事件に巻き込まれている可能性が高くなってしまうからです。

探偵に依頼する場合と警察に連絡する場合を比較

すぐに動いてくれるとは限らない

警察は国家権力を使って捜査が可能なのですが、民事不介入の原則があります。そのため事件性が低いと判断された人探しに関しては、すぐに捜査に取り掛かってくれる可能性は極めて低いのです。ある程度の証拠や事件性を示すことができれば、警察はすぐにでも動いてくれるでしょう。

依頼に対して迅速に対応してくれる

探偵事務所は人探しも得意としていますので、依頼すれば迅速に対応してくれると考えられます。もしも探偵事務所の力だけでは解決が難しそうな案件でも、探偵事務所に事件性を示す証拠さえつかんでもらうことができれば、それを基に警察に捜査を依頼できるようになります。

人探しでは失踪者の気持ちや状況を考えることが大切

探偵

なぜ行方不明になったのかを考える

家出には何かしらの原因があるはずですので、まずはその原因を知ることが大切です。今までの様子を振り返ってみて何かおかしな点、悩んでいるようなことがなかったかをよく思い出してみましょう。友人や職場の同僚などから話を聞いてみると、思わぬ情報が手に入ることがあります。

スーツの人

相手の気持ちになって捜索する

人探しの捜索をするときは、相手の気持ちになって捜索することが大切になります。相手の立場や気持ちを理解することで探している相手がどのような行動をとるのか、どのような場所に行こうと考えるのかを知る手がかりになることがあるからです。

女性

見つかったら温かく迎え入れる

人探しの相手タ見つかったときはまずは何も言わずに温かく迎え入れるようにしましょう。本人も家出をして家族や職場の人たちに迷惑をかけていることを十分承知しています。まずは生きていてくれたことに感謝しましょう。

家族の一員を救い出す

人探しの時に中心になって動くのは行方不明になってしまった人の家族です。家族が動くかどうかによって行方不明者を早くみつけるかどうかに大きな差が出てきます。家族の一員を救い出すつもりで行動を起こしましょう。

広告募集中