人探しは第三者に任せるのが一番

もしも家族や親戚など身近な人が姿を消してしまったら、まずは自分で何とか探そうと試みるでしょう。しかし人探しはその道のプロに依頼することで、早期発見や解決につながる可能性が高いのです。

行方不明者を効率良く探すポイント5つ

虫眼鏡

できる限り早く行動を起こすこと

行方不明者の捜索はできる限り早く始めるのが鍵になります。それは時間の経過とともに発見率と生存率が低下することが調査の結果わかっているからです。

私物を確認すること

可能であれば行方不明になった人の私物を確認しておきましょう。携帯電話や財布など所持品でないものをチェックするのです。それによって事件性があるのか、本人の意思によるものなのかをある程度判断できます。

メールや電話をしてみる

行方不明者が携帯電話を持っているなら、電話やメールを送ってみましょう。電話には出なことも考えられますので留守番電話にメッセージを残しておくといいでしょう。

掲示板を利用してみる

インターネットの掲示板には人探し専用のページが存在します。これに投稿することで有力な情報が得られることもあるのです。ただし個人情報をさらすことになりますので使用には十分な注意が必要です。

SNSをチェックする

行方不明者のSNSをチェックしてみることで、行動パターンや考え方などが把握できることがあります。そこから行方不明になってしまった手がかりが見つかる可能性もあります。

人探しのプロである探偵に助けを求めよう!

男性

中高生が家出する確率は高い

家出をする年代で多いのが中高生です。ちょうどその時期は思春期であり親に反発したり、進路に悩んだりして精神的にも不安定な時期です。親とケンカした、友達とうまくいかないなどの理由で突発的に家出をするケースも多く聞かれます。中高生の家出は長引くと事件に発展する危険性も高くなりますので、早めの捜索が肝心になってきます。

女性

探偵に依頼してひっそりと探そう

人探しは自力で行えるほど簡単ではありません。素人が人探しを行おうと思っても限界がありますし、気づかれてしまうことも十分あり得ます。家出をしてしまった当人は家族から距離を置きたいために家出をしたと考えられますので、家族が自分を探しにきていることがわかるとさらに遠くに逃げる可能性も出てきます。自分でやるよりも探偵に依頼したほうが迅速に解決できるのです。

双眼鏡

事件に発展する前に見つけ出す

家出は長期化するほど発見と生存率が低下してきます。また家出をすると自暴自棄になってしまって犯罪に巻き込まれる危険性も高くなってしまいますし、最悪の場合自殺する可能性も出てきます。最悪の事態を避けるためにも人探しはできるだけ早く始めることが重要になってきます。早めに解決するためにも自力で人探しを行うのではなく、プロに依頼するのが良策です。

探偵に依頼して家族を見つけた人の口コミを見てみよう

女性

行方不明の夫を3日で探し出してくれた

夫が行方不明になって慌てて警察にかけこんだのですが、それだけでは落ち着けず探偵事務所に依頼をしました。お蔭さまで3日で夫を見つけることができました。夫は自殺も考えていたようで、もしももう少し発見が遅かったらと考えるとぞっとする思いです。

行方不明の息子を捜索

大学生の息子が家出してしまって、警察にも被害届を出していました。なかなか見つかったという連絡がもらえなかったので、探偵事務所に人探しを依頼することにしたのです。おかげで息子も無事に見つかり、話し合って帰ってきてもらえました。

家出した娘を探してもらった

娘が家出してしまった警察に捜索を依頼しました。しかし事件性が薄いということで取り合ってもらえず、探偵事務所に依頼したのです。おかげさまで無事に娘が発見できました。探偵事務所に依頼する前に自分で友達などに聞いて捜索してみたのですが、上手くいかなかったのでやはりプロは凄いと思いました。

広告募集中